【源泉徴収票の見方を解説】投資家必須の知識

エトセトラ
cosmos米国株投資家
cosmos米国株投資家

こんにちわ・こんばんわブログユーザーの皆様

cosmos米国株投資家です

 

年が明けて、ようやく仕事モードになられた方も多いはず!新年に会社から貰えるものがあります。私は毎年、楽しみにしているものです。そう『源泉徴収票』です!今回は、源泉徴収票の数字の見方を解説していきます。
スポンサーリンク

源泉徴収票とは

サラリーマンの皆様に掛かる税金は、企業が給与から天引きして税務署へ納めてくれています。前年の1月1日~12月31日まの給与所得の情報が書かれているのが源泉徴収票です。各企業により異なると思いますが、1月中には皆様に配布されます。源泉徴収票は、所得税について書かれています。住民税については、6月頃に通知が届き支払額がわかります。

源泉徴収票の見方

源泉徴収票の見方を参考例をもとに解説していきます。
各項目を色分して金額を入れています。

  • 支払金額(赤)3,000,000円
  • 給与所得控除後の金額(青)2,020,000円
  • 所得控除の額の合計額(黄)930,000円
  • 源泉徴収税額(紫)55,644円
  • 社会保険料等の金額(黄緑)450,000円

支払金額(赤)3,000,000円

支払金額は、1月1日~12月31日までに受取った給与、残業代、賞与、各種手当等の合計額です。
ただし、交通費等の非課税対象の金額は含まれていません。

給与所得控除後の金額(青)2,020,000円

サラリーマンは、経費が使えないと思っている皆様、実は経費分を給与から控除してもらえるんです。それが給与所得控除後の金額2,020,000円

参考例では支払金額3,000,000円なので表の3段目に当てはまります。
3,000,000円×30%=900,000円
900,000円+80,000円=980,000円

給与所得控除の額は980,000円となります。
支払金額の3,000,000円から所得控除の額980,000円を引くと
源泉徴収票の給与所得控除後の金額2,020,000円となります。

所得控除の額の合計額(黄)930,000円

所得控除の額の合計額社会保険料とその他の控除を合計した金額です。

社会保険料には、

  • 健康保険料
  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料
  • 共済会費
  • 介護保険料

などがあります。

源泉徴収票の黄緑の部分社会保険料等の金額450,000円になります

93万円になってないと思った方、ご安心を!
社会保険料とその他の控除があります
その他の控除の例は次のようなもの。
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 配偶者控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除

今回の参考例は、独身で保険に一切加入していない人のようです。
しかし基礎控除は受けることができます。

この場合基礎控除480,000円が適用される!

480,000円+450,000円で所得控除の合計額は930,000円となります。

源泉徴収税額

源泉徴収税額(55,644円)とは、1年間に支払った所得税額のことです。

計算方法

給与所得控除後の合計額所得控除の額の合計×税率

2,020,000円930,000円=1,090,000円
課税所得金額は109万円となります。
課税所得金額109万円を下表で見ると税率は5%です。
しかし東日本大震災により復興特別所得税が2.1%掛かります。
通常の税率5%に2.1%がプラスされます
5×2.1%=0.105%
5+0.105=5.105%
税率5.105%
1,090,000円×5.105%=55,644円となります。

おわり

cosmos米国株投資家
cosmos米国株投資家

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

毎朝7時ブログ更新中!

コメント